安定した収入があることが審査に有利な条件になります。

審査に有利な条件

ローンやカードの審査に有利な人とされるのは、安定した収入源を持っていることです。

 

これは、特殊な場合を除けば、就職している人と言えると思います。

 

 

この条件に付け加えることがあるとすれば、同じ場所に長期滞在して働いている場合に有利になるということです。


 

どういうことかと言いますと、同じ場所に長期滞在していることは経済的に安定しているということと解釈されているからです。

 

その意味で、短い期間で引越しを繰り返す人は審査に不利な人とされるでしょう。

 

これは、就職先の事情も入ってきますので一概には言えないことですが、何らかの基準を設けるということで一応の審査基準となっているのだと思います。
なので、対象となる人も申請書にその旨を記しておけばおそらくは問題はないと思われます。

 

あくまで、基準の一つとして考えていただければと思います。

 

就職していると言っても、正社員の方が派遣社員より有利なのは先の説明からお分かりいただけるのではないでしょうか。
アルバイトも同様です。やはり正社員というのは強みですね。

 

他には、

  • 持ち家に住んでいる
  • 家に固定電話がある
  • 結婚している
  • 借り入れなどが少ない

と言ったことが挙げられます。

 

これらに共通しているのは、「信用があるか否か」ということですね。

 

やはり貸す側もリスクが少ないことが貸す上での最低条件として考えたいところだと思います。

 

「お金に困っているから借りるのに信用も何もないだろう」と思う人も中にはいらっしゃるかもしれません。
確かに、困っていて借りるのですからそれに対する保証を確約できない部分はあるかと思います。

 

しかし、困っている人に貸すというよりも、申請してきた人に貸すかどうかを検討するというのが金融機関の考え方だと思います。

 

その為、それを確約しろとまでは言わずとも、返そうという意識の高さを計る必要性はあると思います。これが低い人は最悪借り逃げしかねないわけですからね。

 

金融機関としてはそれが当たり前の考え方でしょう。よって、審査に有利な人として社会的に自立している人が対象になるわけです。