最も信用をつけられる項目が、クレジットカードを使って買い物をすることです。

信用を作る方法

クレジットヒストリー」という名称をご存知ですか?

 

「クレジットヒストリー」とは「クレジットカードの利用実績」などの金融情報のことで、「個人信用情報機関」に登録されている内容のことを指します。

 

このクレジットヒストリーが「信用を得ることのできる状態」でなければ、クレジットカードやローンを組むときに審査に落ちてしまいます。
このクレジットヒストリーを信用を得る状態にするにはどうすればよいのでしょうか?

 

借金を完済する

 

借金完済の相談は弁護士へ

クレジットカードや新たにローンを組みたいときの最低条件として、今ある借入金を全て「完済」する方法があります。

 

自力で完済が難しい場合には、「司法書士や弁護士などに依頼をして債務整理」を行う必要があります。
借金を完済した場合でも、個人信用情報にその記録が残りますが、きちんと完済したり債務整理をすれば、「現在は支払い能力がある」と判断される場合があり、その分クレジットヒストリーに信用がつけられることになります。

 

できるだけクレジットカードを利用した買い物をする

クレジットカードを使って買い物をする」ことがクレジットヒストリーに最も信用をつけられる項目になります。

 

光熱費や普段の買い物をできるだけクレジットカードを使って支払うようにすると良いでしょう。
また、クレジットカードを数枚所持している方は、できるだけ1枚のクレジットカードを集中して利用するようにするとよいでしょう。
支払いはできるだけ「一括払い」にして、「分割払い」や「リボ払い」など「借入金」状態にしないほうがよいです。

 

しかし、いざ決済するときに支払えない状態になってしまって「支払いの延滞」を起こしてしまうと、個人信用情報に傷をつけることになってしまいます。
万が一、審査に落ちた場合は信用を作ることから始めましょう。

 

クレジットカードの利用額には気をつけるようにしましょう。