はじめてローンを組む人は、ローン残高がある人よりかは審査が通りやすいです。

はじめてローンを組む時の審査

 

はじめてローンを組む人の審査について紹介します。

 

社会人であれば、車やショッピング、人によっては住宅など、何かしらのローンを組んだ事がある人も多く、ローンを組んだ事がなくても、クレジットカードにキャッシング枠が付いていれば、知らないうちにローンの審査も受けている事も多いです。

 

誰もが人生で一度は通るとも言われているはじめてのローン審査。全般的に「ローンを組んだ事がある人と比べて審査が通りやすいのか?」について説明していきます。

 

 

はじめてのローン審査が有利なのは借り入れ残高がないから

はじめてのローンを組む人と、2回目以降でローンを組む人の審査を比較した場合、最も審査で有利なのは過去で借り入れを行って、遅延なく完済したという実績がある人です。

 

はじめての人は、ローンの返済実績がないので、条件によっては厳しく審査をされてしまうケースもあります。

 

ただ、全般的にはじめてローンを組む人は審査に有利と言われている理由が、借り入れ残高が無いという点です。

 

過去のローンで全てを完済していれば審査は有利でも借り入れ残高があると審査は不利になってしまいます。

 

 

ここまでの話をまとめると、ローンの審査が通りやすいのは、

過去にローンを組んで返済した人 > はじめてローンを組む人 > ローン残高がある人 > 過去にローンを組んで返済遅延や自己破産がある人

という順番になっています。

 

 

クレジットカードやカードローンに注意

 

注意

ローンを初めて組む人でも、前述で紹介した「ローン残高がある人」として扱われてしまうケースがあります。

 

その最大の要因となっているのが、クレジットカードのキャッシング枠です。

 

クレジットカードの多くは、カードを利用して借り入れできる融資枠が自動付帯されています。こうした、いつでも借り入れができるキャッシング枠は持っているだけで、ローン(借入)残高とみなされてしまいます

 

人によっては、入会特典のポイント目当てで、複数のクレジットカードを作ってしまう人も多いですが、複数のクレジットカードを作ってしまうと、持っているだけで数百万円の借金をしていると扱われてしまう事もあります。

 

これと同様に、最近人気のカードローンも融資枠があるカードを作るだけで、実際に借り入れをしていなくてもローン残高があるとみなされてしまいます

 

この他にも、スマホの端末代金分割購入(2年縛りで端末代実質0円など)も金額は小さいですが、借金として扱われている事があります。

 

「はじめてローンを組む人」は実は自覚を持っていない人が多いだけで、社会人以上で見れば、非常に少数派となっています。