すべての金融業者が情報を共有しています。

借入や返済の履歴

借入や返済の履歴が業者間で共有されているかどうかについてですが、
結論から言うと共有されています

 

クレジットカード会社や消費者金融などは信用情報機関に加盟しています。
借入などを行う際に信用情報機関に登録することが義務付けされているのです。
そして、信用情報機関に加盟している業者は事故情報などの情報が分かる仕組みになっています。

 

なので、業者間でやり取りされているというよりも、信用情報機関に事故情報などを業者が登録したのを加盟店は知ることができるわけです。

 

加盟店はと言いましたが、加盟することを義務付けられているということは、すべての業者が情報を共有していることと同義です。

 

これらは、主に事故情報を共有するためのものとされていて、事故情報とはいわゆるブラックリストと呼ばれるものになります。

 

ブラックリストに登録されると極端に利用を制限されてしまいますので、登録されないようにしたいところではあります。

 

これは基本として問題のある利用に対する罰則にあたるものになります。

情報の共有は、ブラックリストに載るかどうかが大きな理由ではあると思われますが、登録が義務付けされている以上は業者間で共有されているものと考えていいと思います。

 

これらはいくつかあるであろうリスクの一つですね。

 

ただ、現金を扱う以上は仕方のないところではあるでしょう。
たとえば、業者をはしごして次々に借りられたりすると業者も困りますし、逆に、業者の不正防止にも繋がるのではないでしょうか。

 

借りる際に情報の開示を求められるのはもう常識になっている部分がありますので、そういったリスクを踏まえての利用が必要ではないかと思います。

 

クレジットカード

この情報はクレジットカードや消費者金融を利用する上で知っておいていただきたいことなので、知らなかった方は是非、この機会に覚えてほしいと思います。
最低限知っておかなくてはいけないことです。

 

いい部分についてもリスクについても知っておく必要があるということですね。