すでに年収の1/3以上の金額を借り入れていると、審査に落ちてしまいます。

審査に落ちた場合

 

クレジットカードを作るときや、ローンを組みたいのに審査に落ちてしまった・・・なんて経験はありませんか?

 

どうして審査に落ちてしまうのか、その仕組みをご紹介します。

 

申込者の信用情報を確認する為

 

ローンの審査

 

クレジットカード会社やローン会社は、必ず申込者の「信用情報」を確認します。
信用情報とは、「信用情報機関」にて管理されているもので、

 

  • 個人の「氏名」
  • 「生年月日」
  • 「性別」
  • 「電話番号」

 

など基本的なものから、

 

  • 「勤務先」
  • 「他社に借りているローン金額」
  • 「所有しているクレジットカード」

 

などの支払い情報などが記録されています。

 

ここで、「金融事故」が発生している事がわかったり、ローンを組みすぎていたりするとクレジットカードやローンの審査に落ちやすくなってしまいます。

>>審査に通らない人の特徴

 

金融事故とは

金融事故とは、

  • 「ローンなどの支払いの延滞」
  • 「1ヶ月以内に3社以上の会社にローンやクレジットカードの申し込みをしている」
  • 「債務整理などをしている」
  • 「ローンの借り入れ金額が多い状態である」

 

などを指します。

 

支払いの延滞情報が登録されてしまうと、延滞が解消した後でも1~5年はその情報は消えませんし、債務整理をした場合は、5~10年はその情報が登録された状態になります。

 

ローンの借り入れ金額の上限

ローンは「総量規制」という法律により、住宅ローンなどを除き、「申込者の年収の1/3までしか借り入れられない」ことになっています。
そのため、現時点で年収の1/3以上の金額を借り入れている場合は、どこにローンなどの申し込みをしても審査に落ちてしまいます。

 

このように、クレジットカードやローンの審査に落ちた場合、自分に何かしらの「落ち度」が必ずあります。

 

しかし、クレジットカードやローン会社によって審査の基準は異なるので、申し込み前に自分の金融状態を話して確認してみるのも良いでしょう。