ローンが通りやすい職業は安定性のある職業で、断トツは公務員です。

ローンが通りやすい職業

どんなローンを組むときであっても、申し込み時には必ず「職業」の記入欄があります。

 

なぜ職業を確認する必要があるかというと、「ローン申込者に返済能力があるかどうか」を確認する為です。

 

そのため、「専業主婦(夫)」や「派遣社員」や「パート」や「アルバイト」よりも「正社員」であるほうがローンは通りやすいですが、職種によってローンが通りやすいものと、ローンが通りにくいものがあります。

 

ローンが通りやすい職業は「安定性」のある職業です。

 

安定性の高い職業と言えば、やはり「公務員」です。また、有名企業や大企業に勤めている方、医師などがローンが通りやすいです。勤務年数は数年あれば問題はありません。

 

例え勤務年数が少なくても、ローンの金額やローン会社によってローンの審査が通る場合があります。年収もある程度高いほうが有利であると言えますが、例え低い場合でも「融資額」を下げてローンを組めるローン会社もあります。
また、営業職など「歩合制」で給料を貰っている方もいますが、「固定給」でなくてもある程度の収入が見込める状態であればローンは通ります。

 

内勤の男性

しかし、営業職で勤務年数が少ない場合は、ローン審査に落ちてしまう可能性もあります。
職種で言えば、営業や現場に出る職種よりも、事務職などの「内勤」の方がローンが通りやすいと言えます。
ローンを組む場合、職業が有利なものであっても、他社からの借り入れなどがあるとローンを組めない場合もあります。

 

また、ローン会社によって審査基準が異なってくる為、一概に「この職業だからローンが組める」という事でもありません。

 

例えば過去に返済の滞納などの「金融事故」をおこしているなど、金融の信用情報に問題があったりするとローンが組めない可能性もあります。
あくまでもローンを組む際のご参考程度にしてください。