審査の流れは、信用情報機関の情報と、仕事や収入の審査が中心となります。

審査の流れ

 

カードやローンの審査の流れや、ポイントを紹介します。

 

本人確認

ローンの種類や契約形態によっても変わってきますが、カードローンや車のローンなどの場合は、申し込みをしたら本人確認が行われます。

 

申込書に記入した携帯電話の番号などにローン会社から電話があり、申し込みをした事実確認ができれば本人確認は終了となります。

 

 

信用情報機関の情報紹介

ローン審査では、種類を問わず必ず行われます。

 

信用情報機関とは、過去5年~10年にさかのぼって、ローンを組んだ履歴や自己破産などの債務整理をした経緯がないかを照会できます。

 

過去に自己破産や返済遅延、返済をせずに逃げてしまう経緯があると信用情報機関の事故情報に掲載されます。

 

これを俗称「ブラックリスト」と言います。

 

 

申込書の内容に基づいた審査

主に年収、勤務先、勤続年数、雇用形態などから、返済能力や申込者の信用性を審査します。

 

年収や勤続年数のスペックだけではなく、その収入を数年先まで継続できるかという点を、その会社や勤続年数などで判断されます。

 

公務員などは有利となり、ベンチャー企業や個人事業主などは高年収でも不利になるケースがあります。

 

 

必要書類の提出

ローンなどの内容や申込者の審査状況によって提出書類が必要な場合があります。
主に本人確認書類や、収入証明(給与明細・源泉徴収票・確定申告の控え・決算書など)。

 

 

勤務先への在籍確認

電話確認

多くのローンやカードで行われています。

 

勤務先へローン会社などから電話をして、本人が本当にその会社に勤めているのかを確認します。

 

信販会社の名前は伏せて、審査の在籍確認とはバレないように個人名で連絡してくれる事が一般的です。

 

 

審査通過の連絡

以上の内容を持って審査され、結果連絡が来ます。
クレジットカードなどは、審査に通過した場合、連絡なしに直接カードが届く場合もあります。審査に落ちた場合は、その理由を教えてもらえない事も多いです。

 

 

 

仮審査と本審査

主にカードローンで採用されている方式です。

 

仮審査は信用情報機関の照会や申込書に基づいた審査が行われ、通過した場合は在籍確認や必要書類の提出が本審査として行われます。

 

この場合仮審査に通過したら、情報に偽りがない限り、ほとんど本審査は通過します。