審査に通る人や通らない人の特徴やポイントを項目別に紹介しています。

審査に通らない人の特徴

 

審査に通る人と通らない人の違いについて紹介します。

 

同じような年収、年齢、雇用形態の人でも、審査に通る人と通らない人がいます。

 

ローンやカードの審査に落ちた人は、自分が審査に通らない人の事例に当てはまっていないか確認してみましょう。

 

 

申込時の記入ミスはないか?

初歩的な事ですが、審査に落ちる人で非常に多いケースです。

 

最近ではWEB申込できる商品も多く、入力ミスや変換ミスなどが増えています。

 

ローンやカードの申込情報はとても重要なものです。しっかり確認せずに申込してしまうと、イージーミスだと理解されても、信用できない人と判断されてしまう事があります

 

審査に通りやすい人はこういった確認作業をしっかりと行えています。

 

 

 

固定電話の有無

固定電話

審査を行う際は電話番号は必須情報です。

 

携帯電話だけで申込する事も可能ですが、固定電話の番号も持っている人は、身元がしっかりしていると判断されます

 

実際には自宅の固定電話と携帯電話を両方記入しても、携帯電話に連絡が来る事がほとんどです。

 

なかには家族にバレたくないと思い、固定電話を持っているのに記入しないで審査に落ちる人もいますローンやカードの申込は固定電話番号があった方が有利という事を認識しておきましょう。

 

 

 

クレジットカード、カードローンの所有数

初めてローンを組む人は審査に通りやすい」のページでも紹介していますが、
ローン審査は借り入れ額が大きなポイントとなってきます。

 

クレジットカードやカードローンのキャッシング枠は実際に借り入れを行っていなくても、融資枠一杯まで借金をしている扱いを受けます。

 

審査に落ちる事が多い人でも、使っていないクレジットカードやカードローンを解約する事で審査に通るケースも多いです。

 

 

 

過去に返済遅延がある

ブラックリスト」や「借り入れや返済の履歴」のページでも紹介していますが、過去の返済状況はすべての金融機関で共有されています。

 

過去に返済遅延などがあると、例え優良企業に勤めていたり、公務員などの好条件でも審査にはほとんど通りません。

 

思い当たる節がある人は、5年を目安に新規で審査を受ける事を諦める事も必要です。