日頃から携帯電話料金などの身近な支払いは期限内に済ませておきましょう。

身近な買い物の審査

審査というと何か重大なことのように思ってる人もいるのではないでしょうか?

 

私たちの身近にも審査が必要な買い物はあります。

 

携帯電話などもその一つです。

携帯電話で話す男性

 

携帯電話なんて今時子供でも持ってるのに、と思われると思います。
実際キッズケータイなんていうのもありますから。

 

 

しかし、実は審査があるのです。

 

どういったことかというと、個別信用情報機関によるものになります。

 

 

審査に通らないケースをいくつかご紹介いたします

 

まず、過去や現在「未払いや滞納がある人」は、その対象になる可能性があります。

 

特に現在滞納している場合は100%通りませんので気を付けていただきたいと思います。

 

もちろん、他社からの乗り換えの場合もです。
必ず清算してから行うようにしましょう。

 

 

 

次に、これは似ているようなケースですが、「滞納が頻繁にあること」です。

 

これは、要は信用性が低いとみなされるのでしょうね。
基本滞納は良く思われませんし、それが頻繁となると「うーん・・」と思ってしまうのも無理ないように思います。きちんと期限通りに支払をしてください。

 

 

 

最後は、「よほどのことがあった」場合です。

 

これについてはどうも説明しづらいのですが、文字通りの意味ですね。
一番問題のあるケースと言えるでしょう。

 

たとえば、頻繁に滞納があってなおかつ今も支払っていないとか、他社で問題を起こした経歴があることなどがこれに該当すると思われます。

 

しかし、これに当てはまる人はそうはいません。ほとんどないと言ってもいいでしょう。
一言で言えば、「ありえないこと」をした人です。

 

どういうケースが、というのは難しいですが、要は「非常識なこと」を行った場合ですね。

 

「携帯」や「スマートフォン」を使って、何らかの問題行動、言い換えれば犯罪などに及んだ場合やしたことがある場合、さらには先に触れたようなことなどですね。

 

 

 

以上のようなことが携帯電話契約の際の審査になります。

 

普通に利用していた人には関係ないことなのでスルーしていただいていいかと思います。
該当する人も、きちんと支払をすればOKかと思いますので、そこまで心配されなくてもいいかと思います。